蜑阪∈
谺。縺ク

古い賃貸マンションのメリットについて紹介

賃貸マンションの中には、古い賃貸マンションもあります。
例えば築年数が20年や30年以上経過しているようなマンションです。
古い賃貸マンションは、築年数が経過している分賃貸料が低く設定されていることが多いです。
つまり、設備が良い場合や部屋が広くても新築よりも安くなっているので気軽に住むことができます。
もちろん、賃貸料が低く設定されている分初期費用も安くなっていることが多いので、あまり収入が高くない人にとっておすすめです。
また、古いマンションの中にはなかなか入居者が集まらないマンションもあります。
この場合は、少しでも入居者を増やしたいということから入居審査が若干甘くなることもあります。
つまり、新築マンションの入居審査に通ることができなかった人でも少し古いマンションの審査だと無事に通ることも可能です。
古い賃貸マンションでも設備が優れていたり、リフォームしてマンションが綺麗になっているケースも多いのでけっこう穴場物件もあります。

Page Top